日本製が高くて無理なら、中国製がある。電気自動車の価格差


Written on 1月 22, 2013 – 8:26 pm | by 4sakusaku4

最近、電気自動車の魅力を連日テレビのコマーシャルで聞く機会が多くなったと思う。だが値段が高いので、とても手が出せない。今の自分にとって電気自動車は高嶺の花だ。

だが、電気自動車をあきらめたくもない。こうあったら、中国製の安くもないかもしれないが電気自動車を買うしかないと思った。そう思ったのは、テレビ番組で中国製の電気自動車が走っているのを見たからである。

急な坂道も一気に上るし、たいした欠陥もないように見えた。恐らく日本製に比べれば、構造は簡素にできているかもしれない。だが、あの急な坂道を登る力強い走りは忘れることができない。

価格も高くないあの中国製の電気自動車を今すぐ欲しかった。日本製の普通電気自動車は、金持ち向けの高級車というしかない。自分のような貧乏人は、安い方の中国製電気自動車を買いたい。もしかすると、ミニカーを巨大化したような造りかもしれないが。

 



Sorry, comments for this entry are closed at this time.